キサントフィルは主に植物に存在している黄色の色素のこと

キサントフィルは主に植物に存在している黄色の色素で、光合成において重要な働きをします。

 

また、カロテン類とキサントフィルを合わせてカロテノイド色素と呼びますが、カロテノイド色素は、動植物の中に存在する赤や黄色の色素の総称です。

 

カロテノイドの中でも、分子構造の中に水酸基の形で酸素を含む色素がキサントフィルです。

 

キサントフィルには、ルテインやゼアキサンチン、アスタキサンチンといった抗酸化作用を持つ成分が含まれており、これらを人が摂取した場合、様々な効果効用が期待できます。

 

  • ルテインは、もともと目の水晶体や黄斑部に存在している成分で、紫外線が含む有害な青色光を吸収し、目を保護します。
  • ゼアキサンチンもルテイン同様、紫外線によるダメージから目を守ります。
  • アスタキサンチンは栄養分が届きにくい脳の細胞から、活性酸素を取り除く働きをします。

 

その他、キサントフィルが含む成分にβ-クリプトキサンチンがありますが、この成分は活性酸素によるダメージから身体を守ります。さらに、抗酸化作用によって生活習慣病を予防するカプサンチンや、脂肪の燃焼を促進するフコキサンチン、肥満を抑制するネオキサンチなどの成分が含まれています。

 

キサントフィルは目の健康維持で人気のブルーベリーサプリメントにサポート成分として配合されていることが多いので、その点も注目してサプリ選びをしてみてください。