カロテノイドについて

カロテノイドは、動植物の色素を構成する成分で、強力な抗酸化作用があるのが大きな特徴です。活性酸素が増えることで引き起こされる疾病の予防に効果的で、目や皮膚の健康維持には、特に欠かせないものになっています。

 

色素としては赤色や黄色になっていることが多く、身近な野菜類ではトマトに含まれるリコピンもカロテノイドの一種で、美肌に良いことで知られています。カロテノイドを十分に摂取するためには、色が濃い緑黄色野菜を摂取することが重要で、季節の旬に合わせる形で食材を選べば効果的です。ピーマンは完熟すれば赤や黄色に変化して、カロテノイドも多い状態になるため、抗酸化作用を引き出すことができます。トマトに関しても完熟したものを選べば、リコピンの量を十分に吸収しながら、老化の問題に対処できることになります。

 

唐辛子の鮮やかな赤色を作るのもカロテノイドの働きですが、大量に食べることは難しいため、辛くないパプリカを利用することがおすすめです。身近な果物類の中では、柑橘類からも吸収することが可能です。1年を通して活性酸素の働きを防ぐために、夏には赤ピーマンを食べながら、冬場にはミカンを積極的に食べることも健康的な生活と言えます。

 

目のサプリで有名なブルーベリーもカロテノイドが豊富です。ブルーベリーを毎日食べるのは大変ですが、ブルーベリーサプリメントならお手頃価格で毎日続けら得ますよ。