アントシアニンについてのまとめ

アントシアニンとは、抗酸化力の強いポリフェノールで、天然色素です。

 

青色から赤色まで500ほどの種類があり、ナスやブルーベリー、ビルベリー、黒豆やシソ、紫芋等、様々な食材に含まれています。

 

植物が紫外線から身を守るために作り出す色素で、人間が日焼けで黒くなって皮膚を守るように、植物も紫色になるのです。

 

アントシアニンが目を健康に保ち、眼精疲労に効果があることは一般に知られています。

 

人間の目の網膜には、ロドプシンという紫色のたんぱく質がありますが、このロドプシンは光を受けては脳にその信号を送り、自分自身は分解されます。その後再合成されてまた光の情報を脳に伝え、分解と再合成を繰り返しています。ところがパソコンの画面を長時間見続けるような生活の中では、ロドプシンの再合成が追い付かなくなってしまい、疲れ目等の症状が出てきます。この疲れたロドプシンを元気にし、再合成を促進するのがアントシアニンで、体の外から補うことで目の疲れを予防することができます。

 

またアントシアニンは目の健康を保つだけではなく、メタボリックシンドロームや糖尿病、高血圧等の生活習慣病の予防に役立ち、またヒスタミンを減らして花粉症にも効果を発揮することが、近年明らかになってきました。

 

アントシアニンは、まさに現代人にうってつけのポリフェノールと言えるでしょう。

 

ブルーベリーサプリメントで効率的に摂取できます。