緑内障を完治させる術がない中、アントシアニンが豊富なブルーベリーで予防する意義は高い

ブルーベリーサプリランキング

目の病気である緑内障は、目で見たものを脳に伝える視神経に障害が起きてしまい見える範囲が狭くなったり、視力の低下と言う症状が出始める病です。

 

生きている途中で失明してしまう原因の1位でもある位、治療が遅れると失明する恐れもある病気なのですが、

 

患者の9割の方は症状に気づかず、その為、治療をしないまま放置しているケースもあるようです。

 

加齢と共に緑内障になる傾向があるのですが、老化とは別に他の理由が原因となっているとも考えられています。

 

日頃からストレスを抱えていたり、外出時に紫外線を受けている時間が長かったり、栄養バランスのが偏っていたり、目を駆使する機会が多い方は特に注意が必要です。

 

このような理由から、酸化ストレスが増え、視神経が損傷を受ける原因になる場合があるからです。

 

緑内障から、自分の目を守るためにはブルーベリーが効果的です。

今までも、ブルーベリーは治らない目の疲れである眼精疲労やドライアイ、視力回復などに効果があると言われており、普段からブルーベリーを摂取している方も居ると思います。

 

ブルーベリーには、20種類以上の成分が含まれていますが、特に目に深い関係を持つ成分はアントシアニンです。

 

アントシアニンは、血液の凝固を防ぐ働きをしてくれるので、血の巡りが良くなり、更に毛細血管を強化してくれます。ブルーベリーに含まれるアントシアニンと言う成分が視神経の損傷を防ぐ働きを持っているので緑内障も予防できるのです。

 

他にも、ブルーベリーを摂取することで、目の周りの血行を良くする効果もあるので、血流の改善がされる事でも予防に繋がります。

 

残念ながら、現代ではまだ、緑内障を完治させる方法が見つかっていないのです。
なので、一番身近であるブルーベリーで目のケアを心がけるのはとても良い方法だと思います。

 

また、自宅で出来るセルフチェックや定期的に検査を受けるなどで早期発見、早期治療がとても重要になってきます。