ヨーロッパでは医薬品として認可されているブルーベリー

ブルーベリーサプリランキング

夏になると旬なフルーツの一つとしてブルーベリーがあります。

 

テレビなどでも取り上げられるフルーツですが、目にも良く、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので日本でも好まれて食べられています。

 

また、栄養豊富で健康にいいだけでなく、ブルーベリー狩りという楽しみや、ヨーグルトやジェラートなどの加工食品としても大変幅広く使用されていて老若男女、世代を超えて愛されているブルーベリー。

 

実はヨーロッパでは医薬品として認可されているのをご存知でしょうか。

 

ブルーベリーはイタリアやフランス等の欧州圏内で正式に医薬品として認可されています。

 

主に認められている効能は、毛細血管・十二指腸や皮膚の脆弱状態に効果がある。それと日本でも認められつつある、眼精疲労や夜の視力低下、近視に効果があるといわれています。

 

実際に臨床試験も行っており、飛行機のパイロットに協力してもらった夜間飛行訓練であえて白色光をあてて目をくらませてからの飛行実験をしたところ、ブルーベリーエキス錠剤を服用させたパイロットに視力の回復がみられました。

 

ブルーベリーがなぜ医薬品として認められる結果に至ったかは、アントシアニン色素にあります。

 

この色素はブルーベリーの皮に多く含まれており、視力の回復や網膜の強化に作用するといわれています。

 

また、抗酸化作用を持つアンチエイジング効果が強いのも特徴です。

 

アントシアニン色素は人工的に育てられた品種に比べ野生の品種の方が高く含まれているといわれています。

 

それらの要素を凝縮する事で、医薬品としての効果を発揮するのです。

 

日本でもその効果は広く知れており、医薬品ではありませんが、サプリメントとして販売している会社も多くあります。近年でもスマホやPCの操作等が増え、眼精疲労が誰でも身近に起こるようになりました。

 

もし、目の疲れを感じるようでしたらブルーベリーを摂取してみるのもいいかもしれません。

 

楽しくおいしく健康になれる事ほど、いいことはありませんからね。

 

でもブルーベリーを日常的に食べるというのは難しいですよね。食費もぐんと上がってしまいます。

 

そこでおすすめなのがサプリメントでの服用です。

 

ブルーベリーサプリは持ち運び便利でほとんどのものが1ヶ月分3000円前後で販売されていますから一日当たりのコストも100円程度です。

 

それで目の調子が良くなり、若返りも期待できるなら安いものですね。