ブルーベリーには健康をサポートしてくれる成分がたくさん

ブルーベリーサプリ

 

ブルーベリーはツツジ科の果樹で、その小さな実が熟すと青紫色になることからブルーベリーと呼ばれています。

 

ブルーベリーの仲間は北半球の各地に自生していて、日本にもクロマメノキなどがあります。

 

欧米では昔から食用として重宝されていて、20世紀初頭から北アメリカ原産の種類の中から品種改良がおこなわれはじめ、今日では北アメリカを中心に世界各地で広く栽培される商品作物となっています。

 

ブルーベリーは、その実の中に健康をサポートしてくれる有効成分が多数含まれています。

 

なかでも特に重要なのは、ポリフェノールの一種に数えられるアントシアニンです。この成分は抗酸化作用が非常に強く、人間の体に有害な錆びつきを防ぐ効果があるほか、目の不調の改善や花粉症の症状の改善、生活習慣病の予防や改善の効果が期待できます。

 

 

またブルーベリーには食物繊維が豊富に含まれることから便秘の改善にも効果を発揮します。アントシアニンは、目の網膜にあって視覚情報を脳に伝える特殊なたんぱく質の合成を促進させる効果があります。

 

目を酷使することによりこのたんぱく質が不足すると視覚機能は低下し、血流が減少して視力低下や眼精疲労を起こします。

 

従ってブルーベリーを摂取することにより特殊なたんぱく質の合成を促し、眼精疲労の回復が期待できます。また活性酸素から網膜細胞を守ることによって目の視野を狭くしてしまう緑内障を予防する効果があるほか、抗酸化作用によって目の水晶体の酸化による濁りを防止して、白内障を予防する効果もあります。

 

アントシアニンには目の健康効果以外にも、内臓脂肪を体に溜めにくくする働きもあることから、高血圧や糖尿病、動脈硬化といった生活習慣病を予防する効果もあります。

 

また免疫機能が過剰反応を起こしてアレルギーを起こす花粉症にも、アレルギーの原因となるヒスタミンの分泌を抑制する効果があることから、ブルーベリーには花粉症によるくしゃみや鼻水などの諸症状を緩和させる効果が期待できます。

ブルーベリーについて記事一覧

臨床試験でその効果が認められたブルーベリ...

ブルーベリーというと眼にいいというイメー...

夏になると旬なフルーツの一つとしてブルー...

ビルベリーには、様々な嬉しい効果がありま...